メニュー

塗り替えのサイン - 茨城県土浦市、つくば市で外壁塗装・屋根塗装はTRUST

塗り替えをお考えの方へPAINTING

こんな症状がでたら塗り替えサイン~塗装には寿命があります~

大事なのは塗装が必要な時期を見逃さないことです。
実は建物は屋根や外壁の塗装工事が必要なサインをきちんと出しております。
これから紹介する症状に心当たりがございましたら、TRUSTまでご相談ください。

外壁の塗り替えサイン

手で触れると白い粉がつく

チョーキング現象

チョーキングと呼ばれる症状です。
長期間、熱・紫外線・雨・風にさらされることにより塗膜が分解して、表面が白い粉状になる現象を指します。壁に触れると、白い粉が付着するようになります。塗料の防水効果が悪化している証拠で、そのまま放置するとクラックや反り返りの原因にもなります。

塗装のはがれ・塗装のふくれ

塗装のはがれ・塗装のふくれ

塗膜の密着不良により浮きや剥離が発生している状態を指します。
長期間、紫外線などにさらされることで劣化が進みそれによる付着の低下や雨水などの水分が影響しています。そのままにすると素材の保護機能が悪化します。

 

ヒビ割れ

ヒビ割れ

外壁のあらゆる箇所に生じるクラック(ヒビ割れ・亀裂)は、雨水が入り、内部を腐らせ、基礎内部の鉄筋を錆びさせ、躯体の耐久性を落とす危険性があります。小さなクラックは目立たないので見落としがちなので、注意が必要です。

目地のひび割れ・剥れ

目地のひび割れ・剥れ

目地にシーリング材が使用されているサイディング壁は、10年を過ぎてきますと、目地部にひび割れ・剥れが目立ち始めます。
防水効果が悪化し、内部に水が入るようになり腐食の原因となります。

屋根の塗り替えサイン

色の減退・変化

sign_04.png

太陽光の紫外線による劣化から塗膜の表面色が減退したり、何らかの原因で本来の色と異なった色に変化します。

 

コケの発生

sign_05.png

防水効果が悪化すると、雨水や湿気によりコケが発生します。そのまま放置してしまうと屋根そのものの耐久性も悪化させ雨漏りなどの原因となります。

既存塗膜の劣化

既存塗膜の劣化

塗膜が剥がれ落ちている状態を指します。雨水が直に下地と接触することとなり、さらに劣化を促進させます。早急な補修をおすすめします。